ダイエット学

糖質制限、勘違いしてない?

こんにちは、野田です。

度々お伝えしていますが、ダイエットは普遍的なもの。

人間の身体の仕組みが流行でコロコロ変わりやしません。

そんな当たり前のことを皆さんわかっているのに
TVで取り上げられた
「◯◯するだけ」
「新事実発見〜」
に飛びついてしまう。。

おめえらはセレブじゃないだろう
ウラ常識って時点でおかしいやん
ダイエットに表も裏もないねん

もったいないですよ!

今回はその最たる例の「糖質制限」のお話です。

目次

・勘違いと都合のいい解釈

・糖質は悪者じゃない

・糖質制限じゃなくて糖質コントロール

・まとめ

勘違いと都合のいい解釈

糖質制限

と聞いて何をイメージしますか?

糖質は太る?
お米をやめる?
甘いものを我慢する?
主食を食べない?
根菜類は控えよう、果物も糖質だ!...?

どうですか?

続きます?これら。ずっと。

しんどくないですか?
野田だったら3日目でギブアップです。

これらが勘違い。

そしてもっと怖いのが都合の良い解釈

糖質の高い食べ物は控えるのに「低糖質」と書かれた食品をたくさん食べる
主食をやめる代わりにお菓子はしっかり食べる
やたらめったら糖質が入っていないか気にするのに飲み物の糖質は気にしない

オフ系をしょっちゅう食べるぐらいなら
普通の美味しいやつをたまに食べたほうが
間違いなく幸せだし結果が良いと思う

こういったダイエットそのものからの
勘違いさんが多い印象です。

低糖質って言葉が好きじゃない
そもそも
潔く美味しいパン屋さんの食べよう
低糖質を免罪符にすな

糖質は悪者じゃない

ダイエットの情報を自分流に解釈しなおしたり
一面のみを見て捉えたりしては
あなたのダイエットは一生うまくいきません。

糖質は太る

は間違いです!

あなたの糖質の摂取し過ぎが太る原因です!!

糖質が原因ではありません。

糖質は身体を動かすガソリン。

車だってガソリン満タンがあるじゃないですか。
給油機が満タンになったら自動で止めてくれるけど
止めてくれなかったら溢れちゃうでしょう。
その溢れたガソリンの行き先が脂肪なわけですよ。

だってもったいないじゃない!?
せっかく身体に取り入れたエネルギーだもの。
いつエネルギーが身体に入ってくるか
今が物に溢れた時代だってこと
身体は知らないから。

身体が(脂肪を)貯金してくれているんですよ!

だから糖質が悪いのではなく
問題はあなたの糖質の取り過ぎ。
お米の食べ過ぎが原因なわけ。
お米が太るんじゃないから。

糖質制限じゃなくて糖質コントロール

分かった、糖質は悪くないのね。
でもじゃあ糖質どれぐらい食べたらいいの?

って思った方はまずは下記をベースに取り組んでみてください。

朝・昼・晩にお米を80〜100g食べてみてください。
(160cm/30歳/女性/ダイエットを想定)

これを多いと感じるか
少ないと感じるか
太りそうと感じるかは
人それぞれだと思います。
(身長が150cmぐらいなら少し少なめに、逆も然り)

おおよそ上記の量ぐらいの糖質量は消費しきることが出来るはずです。

そう、消費しきれる量を食べれば太ることはまずないんです。

まとめ

糖質=悪者(太る)

は大間違いで

あなたの糖質の摂り過ぎが原因

ですよって話でした。

きっとこういった方もいるかと思います。

私、炭水化物をあまり食べないのに太る...
って人。

こんな人の痩せない原因は糖質ではなく他の何かってことですね。

それはまた別の機会に。

-ダイエット学

© 2020 NODAトレ ▶︎ ブログ Powered by AFFINGER5