ダイエット学

必要ないよ! 3低が付く商品

こんにちは、野田です。

ダイエットをする人達の強い味方! 最強の3低!

低カロリー

低糖質

低脂質

こいつらそもそもいらなくない??って考えているタイプのトレーナーです。

何言ってんの、気持ちわかってないな! と思った人達もしゃーないなと最後まで読んで頂ければと思います。

目次

・そもそも3低はなぜ人気?

・ダイエットの臨み方、考え方として反対派

・まとめ

そもそも3低はなぜ人気?

良い画像が見つからない...

ダイエット成功のカギを握る、カロリー。

本来はカロリーが高い食べ物も、あの手この手で数値が下げられ完成した商品達。

低カロリーで食べられる〇〇。
低糖質のパン。
などなど。

人間の「不」があるところにビジネスは生まれるもの。

これらの問題を改善する3低の商品はバカ売れするわけだ。

ローソンのパンの表には糖質◯gとデザインされていたり、ライザップコラボの商品がファミマではたくさん売られていたりする。

てか、そもそも論で
糖質ばっかりフォーカスされてるけど
このチョコケーキ
脂質17g=153kcal
あるからね
しかも植物油脂で

ダイエットの臨み方、考え方として反対派

なぜ、野田は3低に反対なのか。

カロリーとかを抑えてでもダイエット及び健康を阻害するものを食べようとする心

これに問題があると思ってます。

お気付きでしょうか??

魚やお肉、野菜やお米などに、3低の商品はないんですよ!

なぜならこれらは、素材そのものだから!!

3低が付くものは全て、加工食品なんですよ!

これは少し違うけど...

ダイエットっていうのは身体を痩せさせることだけども

太る脳、思考、マインド、選択を変えることもダイエットですから。

まとめ

そもそも論で

何かを「食べたい食べたい!」と考え続けてしまうようなダイエットはもう既に失敗してる

そうならないようにバランス良く無理なく食事のコントロールをするのがダイエットなのでは?
と思っています。

結果的に痩せたってマインドがダイエット前と変わってなければリバウンドをして、永遠と続く痩せる太るのイタチごっこ。

身体も脳も変えるのが本当のダイエット。

野田のお客様にも加工食品は避け極力素材のものを食べてもらうように指導しています。
皆さん身体はもちろん価値観まで変わっています!

-ダイエット学

© 2020 NODAトレ ▶︎ ブログ Powered by AFFINGER5