ダイエット学

ダイエットって人生ずっと続くの?

こんにちは、野田です。

ダイエットに励む女性陣。

ふと、こんな風に思うことってありませんか?

「このダイエットって一生続けないといけないのかな...」

目次

・綺麗になろうとする努力に終わりはない

・普通の食事には戻せないの?

・理想の着地

・まとめ

綺麗になろうとする努力に終わりはない

そもそもダイエットってなんのためにしていますか?

根本のところに帰ると
綺麗になりたい、可愛くなりたい

と言った感情ではないでしょうか。

そのために「痩せる」ということを選択したはず。

その努力が今は「ダイエット」と言うわけです。

もしダイエットに成功したら今度は、その努力の方向性を変えなければなりません。

例えば、オシャレの勉強をする、コスメを色々試してみる、所作を綺麗にする習い事に通うなど?

年齢を重ねると、美に対する価値観が思いもしないほうに変わるなんて話はお客様からよく聞きます。
もしかしたら努力する内容がやがては変わるかもしれませんね。

ダイエットという形ではないかもしれませんが
綺麗になろうとする努力に終わりはありません。

普通の食事には戻せないの?

逆に質問です!

「普通の食事の普通ってなんですか?」

そう、ここなんですよ。

普通 というのは実は凄く曖昧で人や対象によっても変わるし、環境でも変わる。

食事における、野田的普通は
睡眠、お通じ、その他体調、元気、テンション、トレーニング時のエネルギー充足感
これらに問題がない状態を作り出せる食事が普通になります。

よって
食べ過ぎによる睡眠の質の低下が起きたら普通ではないですし
食べる量が少な過ぎると元気がなくなり普通ではないですし
カロリーはあるが栄養がないものを食べると肌が荒れるので普通ではないです。

もちろん高カロリーなものを食べることもありますし、スイーツを食べることだってあります。
でも、毎日じゃない。

だってそうすると身体が野田にとっての普通じゃなくなるんですもん。
普通じゃない状態でいるとストレスなんですよね。

こう思えるかはとっても重要。

人によったら
朝昼晩好きなものを食べるのが普通
という人もいるかもしれない。

ただ、太っていることが普通ではないと考えるのなら
その食生活は普通ではないということに気付かなければなりません。

ということで、元の食生活で太ったのであれば、また戻せば太ることは明白ですね。

あなたにとっての普通を変えていきましょう。

お客様のご飯
料亭かっ!?
絶対満足するわこれ

ある程度まで体重が落ちた後の理想の着地

理想の着地は人様々ですが、トレーナーの経験を踏まえてお伝えすると

▷太りそうなものより身体の調子が整うような物の方が好きになる
(ちなみにここら辺の感覚を変えるために食事コントロールをするんです)

▷なんでも食べるが毎日じゃない
(たまにマックを食べるからこそ美味しい的な)

▷増えたら減らす
(シンプルこそ最難関、自分の中の絶対のラインを決める)

まとめ

とまぁ色々お伝えしましたが、まず痩せましょう!!

それに向かって全力で努力した先でしか見えない景色というのが見えてくると思います。

結論は、、、

綺麗を求めるのであれば、ダイエットは形を変えて一生付きまとってくるでしょう。
楽して綺麗は手に入らないということですね。

-ダイエット学
-, ,

© 2020 NODAトレ ▶︎ ブログ Powered by AFFINGER5